「工事現場の女」と過去を引きずる男

工事現場の女

小林オニキスさんが”クソ久しぶり”にボカロオリジナル曲を公開した。

クソ久しぶりに曲なんぞ作って公開してみました。

初音ミクオリジナル曲 工事現場の女 / 小林オニキス

“クソ久しぶり”とは、前作「プレパラートデイズ」から約3年ぶりという意味である。もし6年ぶりだったら”クソクソ久しぶり”だったんだろうか。

歌詞や曲の聴きどころはオニキスさんのHPに書かれてあるので、そちらを参照されたほうがいいと思う。
ただ、変わらない軽快な文調の中ラストに切迫した思いが綴られていたので、もしやサスペンス劇場のように突如事件に巻き込まれるのではないか……と不安を掻き立てられるような、そんな気持ちがよぎった。

オニキスさんが語っていないことで特筆すべきなのは、イラストに初音ミクが描かれていることだ。
動画内に歌っているキャラクターが登場するのは近年のボカロ曲では珍しいほうであり、オニキスさん制作の動画に関して言えば「さよならアストロノーツ」以来、11年ぶりということになる。クソクソクソ以上の久しぶりだ。 ※

もし「工事現場の女」を初音ミクとするなら、”消し去ってしまいたいような出来事”も、”大切な記憶”も、”新しい未来”も、空耳に聞こえる何かも、すべてが深い深い意味を持つのではないだろうか。
マジカルミライに足繁く通うようなVOCALOIDファンであれば、きっと考察のしがいのある曲だろう。何せオニキスさんはその関係者と言っても過言ではない人なのだから。

続きを読む →

梔子

ボーカル・作詞でご活躍されているAnnabelさんが、昨年大晦日に結婚を発表された。

(イラストにビール描かれてるけどそんなに酒好きなのかな…………)
続きを読む →

つらいアルバムでした


初音ミクの消失-Real And Repeat-/CHEMICAL SYSTEM 聴きました。

あーーーーーつらい。クロスフェードを聴いたときになんとなくそんな予感はしてたけれどもやっぱつらかった。色々な思いが頭を巡るけど上手く言語化できない。つらい。徐々に書いていこう。
総括としては、昔初音ミク(VOCALOID)が好きだった人なら、きっとつらい気持ちになれるんじゃないかなあと思います。なんでわざわざつらい気持ちにならなあかんのかとか言うな!一緒につらくなろうぜ!それはともかく名盤です。

続きを読む →