M3-2019秋 反省会

お疲れ様でした!!!(遅

新譜「ペールトーンの空模様」ほかいろいろご購入いただいた皆さん、ありがとうございました!聴いて楽しい、飾って楽しいCDになってるかと思いますので思い思いにアレしていただけるとウレシイです。

前作「実り」のときよりも多く持ち込んで、これで全然売れなかったらどうしよう………などと不安に駆られていたのですが、まあ安心できるくらいには売れてくれてよかったです。

これでだいたいどの程度生産してどの程度持ち込めばいいかが分かってきたかな?いや次作るのかどうかなんてまだ考えてもないんだけどさ……

あとはいつもどおり、一購入者として戦利品をぺたり。

M3-2019秋
  • 薬草 / sea-no × mamomo (いただきもの)
  • until dawn / fuzzy box
  • colors / fuzzy box
  • AT THE BEGINNING / fuzzy box
  • Blue dream EP / vc fox
  • かはたれのうた / 西島尊大
  • デッドエンド・アパートメント / lasah × Lemm
  • MARINEART / Sanaas
  • Mazedoll / AcuticNotes
  • SPIN / demaescape
  • Paysage / mamomo

よし今回はまだ少ないな!
また削除さん新譜買えなかったよ……通販で買いましたよ………

続きを読む →

浅黄色のマイルストーン

niconicoとは動画も音源も違っています

あ、この曲投稿するんだ、と思った。このタイミングで。

一時期は初音ミクに対して愛憎入り混じるような感情を見せていたcosMoさんだったが、その過去も引っくるめてミクさんとの「完全和解」を表明したかのようだった。

続きを読む →

C96 買いましたとか

❒買いました

  • 而立 〜さよなら20代〜 / さよなら20代製作委員会
  • Christmas Tina-泡沫冬景- イメージシングル / Campanella,Nekoday
  • Robot & Human / 黒魔
  • 五つの物語 / 黒魔
  • Qili / sasakure.UK×メゾネットメゾン
  • 感情再生機 vol.2 -Escape to the city- / Natural
  • AD:PIANO REMIXES -Season 1- / DIVERSE SYSTEM
  • Archive: 01 / Sakuzyo
  • LAST DANCE / Sakuzyo
  • P+ / ピノキオピー
  • Comic and Cosmic / ピノキオピー
  • J-NERATION Toys 2 / Various Artists
  • Altair / kamome sano & you
  • 夏コミ記念手焼きCD-R / whoo
  • Conceptive.10 / Hitomasu Modoru
  • Chocomintopia / GYARI
  • けもみみ少女とメイドの旅 / KEGARI

持っていない旧譜をなるべく買っていくスタイルになったことで購入数がとんでもないことに………
お前と離れるの辛いよ、 諭吉………

続きを読む →

「工事現場の女」と過去を引きずる男

工事現場の女

小林オニキスさんが”クソ久しぶり”にボカロオリジナル曲を公開した。

クソ久しぶりに曲なんぞ作って公開してみました。

初音ミクオリジナル曲 工事現場の女 / 小林オニキス

“クソ久しぶり”とは、前作「プレパラートデイズ」から約3年ぶりという意味である。もし6年ぶりだったら”クソクソ久しぶり”だったんだろうか。

歌詞や曲の聴きどころはオニキスさんのHPに書かれてあるので、そちらを参照されたほうがいいと思う。
ただ、変わらない軽快な文調の中ラストに切迫した思いが綴られていたので、もしやサスペンス劇場のように突如事件に巻き込まれるのではないか……と不安を掻き立てられるような、そんな気持ちがよぎった。

オニキスさんが語っていないことで特筆すべきなのは、イラストに初音ミクが描かれていることだ。
動画内に歌っているキャラクターが登場するのは近年のボカロ曲では珍しいほうであり、オニキスさん制作の動画に関して言えば「さよならアストロノーツ」以来、11年ぶりということになる。クソクソクソ以上の久しぶりだ。 ※

もし「工事現場の女」を初音ミクとするなら、”消し去ってしまいたいような出来事”も、”大切な記憶”も、”新しい未来”も、空耳に聞こえる何かも、すべてが深い深い意味を持つのではないだろうか。
マジカルミライに足繁く通うようなVOCALOIDファンであれば、きっと考察のしがいのある曲だろう。何せオニキスさんはその関係者と言っても過言ではない人なのだから。

続きを読む →